スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金・金塊・ゴールド!☆春の伊豆に・・・その6

伊豆旅行2日目です。
1日目
その1
http://yoshirin0907.blog119.fc2.com/blog-entry-2677.html

その2
http://yoshirin0907.blog119.fc2.com/blog-entry-2681.html

その3
http://yoshirin0907.blog119.fc2.com/blog-entry-2686.html

その4
http://yoshirin0907.blog119.fc2.com/blog-entry-2690.html

その5
http://yoshirin0907.blog119.fc2.com/blog-entry-2691.html


今回の旅行は、土肥温泉に泊まりました。
なので・・・

izu2012-27.jpg

土肥金山に行ってみます。

http://www.toikinzan.com/index.html

土肥金山は、室町時代に開発が始まった金山で、江戸時代に第1期目の黄金時代を向かえて、明治時代に第2期目の黄金時代を迎えて、日本で2番目の金の産出量を誇ったそうです。
戦後は、生産量の減少により閉山となり、今では坑内や資料館見学、砂金採りが出来る観光施設となっています。
なので、坑内を見学してみました。
入場料は、坑内資料館見学で通常は840円だけど、760円になる割引券を泊まった旅館でもらったし。
といっても、土肥金山のサイトからも、割引券をDL出来るけどw

坑道の中には、人形による鉱夫の作業風景が再現されています。

izu2012-28.jpg

普通、鉱夫というと男のイメージが強いけど、江戸時代には女の人も掘っていたそうで、夫婦で金山掘りをやっていた人も居たそうです。
でも・・・

izu2012-29.jpg

人形の首が、変な方向に曲がっているw
長年使っているから、壊れたかw

また・・・

izu2012-30.jpg

金の鳥居をもつ神社もあります。
この神社は、鉱夫が作業の安全と金がたくさん採れるように、作業前と後には必ず祈っていたそうです。

見学出来る坑道自体はそんなに長くありませんが、当時掘った後や金鉱も見ることも出来ます。
周辺にも、遺構のような物は残っていますが、こちらは間近では見れないので、資料館に行ってみます。
資料館には、土肥金山の歴史や掘るときに使われた道具などが展示されています。
ここには・・・

izu2012-31.jpg

世界最大の金塊として、ギネスに登録されている金塊があります。
この金塊は、3/8の金相場で換算すると、11億6600万だそうです。
元々は、2000年に200kgの金塊として世界最大だったのが、台湾が220kgの金塊を作ってしまったので、対抗して250kgに作りかえたそうです。
2000年に200kgで2億だったそうなので、これがもし投資だったら、大儲けしたことになりますw

ちなみに、お土産は金に関する物も多く、金箔入りや小判の形をしたお菓子や、誰が買うのか謎な鉱石の原石も売っています。
こういった観光施設は、寂れているところが多いけど、土肥金山の場合は、施設はきれいで土産物も充実しています。
儲かっているのかな?
続く・・・

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

応援中
14098387260001.jpg img9716_222takesima-5S.jpg tama201403.jpg 「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」公式サイト
ただいまの時間
さて、今からどうしよう。
プロフィール

yoshirin

Author:yoshirin

最近の記事
最近のコメント
最新トラックバック
カテゴリー
gremz
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。