スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルパンの影響か?「幻の戦車を探せ!浜名湖で熱気高まる」 

zakzakで、こんなニュースを発見!

幻の戦車を探せ! 浜名湖で熱気高まる 旧日本軍が遺棄?

終戦間際に2両だけ試作され、旧日本軍が米軍から隠すためにひそかに浜名湖に沈めたと伝わる“幻の戦車”「四式中戦車チト」の探索が地元で熱を帯びている。目立った成果はまだないが、「歴史を残す」という思いと町の活性化への期待が活動を支えている。

 ●目撃証言

 チトは全長約6・3メートル、幅と高さ約3メートル、重量は約30トン。最先端の技術で開発されたが、実戦に使われることなく終戦を迎えた。1両は米軍が回収し、1両は1945年8月23日から28日の間に湖底に沈んだとされる。

 チトに関する資料は、戦史を調査する防衛省防衛研究所にも残っていない。愛好家に向けてチトのプラモデルを販売するメーカー「ファインモールド」(愛知県豊橋市)の鈴木邦宏社長(54)によると、従来に比べ大型だったのは、欧米の国々の戦車に対抗するため。鈴木社長は「見つかれば、産業史的にも価値は高い」と語る。

 探索を呼び掛けた浜松市北区の地域活性化団体「スマッペ」によると、地元には「湖に戦車が眠っている」「渡し船の上から戦車が見えた」という言い伝えがあったが、近年になって具体的な情報が入るようになった。

 「上司の命令でチトを含め戦車3両を沈めた。浜名湖で一番深いと聞いた場所を選んだ」「子供のころ沈めているのを見た」…。昨年11月、本格的な調査が始まった。

 ●がらくた

 探索しているエリアは北部の猪鼻湖・瀬戸橋周辺で、浜名湖で最も深いという水深約18メートルの水中だ。地域住民にボランティアも加わり、水中音波探知機も投入、ダイバーによる潜水調査もした。

 東京の海洋調査会社「ウインディーネットワーク」も今年2月、湖底の地形調査に入った。同社は2010年、青森、秋田県境の十和田湖に墜落した旧陸軍の練習機を発見し、昨年9月に引き揚げた実績を持っている。

 だが、今のところ見つかったのは壊れたボートやバスタブといったがらくたばかりだ。それでもスマッペ事務局長の中村健二さん(52)は「どこかに眠っている。必ず見つけたい」と断言する。

 インターネットなどでの呼び掛けに応え、情報は全国から毎日のように寄せられるが、高齢の証言者からの聞き取りが難しいケースも。スマッペは「真実を明らかにする最後の機会になるかもしれない」と、活動をドキュメンタリー映画に記録し、証言内容も資料として保管するつもりだ。

 もし見つかったらどうするのか-。資料として展示するのか、防衛省に引き取りを求めるのか。中村さんは「本当は引き揚げたくない」と漏らす。「湖底に眠るからロマン。展示のため離れたら、この町には何も残らない」。静かに波打つ湖面を眺めた。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130319/dms1303191530011-n1.htm
JR東海 東海道新幹線
浜名湖にこんなものが沈められていたのか。
意外と水の中の方が、残ってたりするらしいですね。
もしも、沈められた情報が本当で、見つかったら・・・
おかえり、チトたん!
と言いたいですね(マテ

テーマ : ガールズ&パンツァー
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

応援中
14098387260001.jpg img9716_222takesima-5S.jpg tama201403.jpg 「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」公式サイト
ただいまの時間
さて、今からどうしよう。
プロフィール

yoshirin

Author:yoshirin

最近の記事
最近のコメント
最新トラックバック
カテゴリー
gremz
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。