スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国に負けるな、がんばれ麻生さん!

産経新聞にこんな記事を発見。

韓国の密漁船とせめぎ合う「対馬」…海上保安庁の闘いを追う

 【海防】第1部 国境の島、対馬(上)

 韓国と一衣帯水にある対馬。密漁船とのせめぎ合いに加え、大陸から忍び寄る海洋汚染の脅威に最前線でさらされ、韓国人観光客も急増する。国境の島の現状と海上保安庁の闘いを追う。

 韓国までの距離は、わずか50キロの長崎県対馬。古代から「防人の島」である。韓国との排他的経済水域(EEZ)境界の領海警備のため、厳原(いづはら)港から出港した海上保安庁の巡視船「あさじ」に同乗取材した。(森本充)

 ◆国際捜査官も乗船

 波高1~2メートルと玄界灘にしては穏やかな海が広がっていた2月下旬。「絶好の漁環境。ということは、日本側で不正に漁をする韓国船に注意が必要となる」。河野晃二船長(49)は自らに言い聞かせるように言った。

 第7管区海上保安本部(北九州)の対馬海上保安部は比田勝海上保安署と合わせ、6隻の巡視船艇が配備される。195トン、速力35ノットのあさじは昨年3月に就航したばかりの最新鋭船だ。

 「プサン」「ヨス」「トンヨン」…。あさじ船内には計18に上る韓国の港の読みを記したボードが随所に掲げられている。船尾に書かれた船籍港を確認する際に使用される。乗組員には韓国語を扱う麻生隼也国際捜査官(27)も乗船している。同捜査官の巡視船乗船はめずらしく「特異な海域」(海保幹部)ということを物語る。

記事本文の続き 麻生捜査官は平成13年の北朝鮮工作船沈没事件の映像を見たことが契機で、危険を顧みず国を守る海上保安官の姿にあこがれた。自らも対馬で語学を学び、捜査官になった。「不正に厳然と対峙(たいじ)し国を守りたい」。現代に生きる防人ともいえる。

 南下を続けるあさじがEEZ境界に差し掛かったとき、レーダーの一点に航海士の目がくぎ付けになる。画面上に引かれる赤いEEZの境界ギリギリに黄色の小さな点。「まったく動いていません」。違法操業の疑いが濃厚だ。「速度8ノット、目標まで3マイル」。航海士の報告が船内に響き、緊張が走る。河野船長は双眼鏡を手に取り、じっと前を見据える。「おるな」

 ◆「こちらの停波見ている」レーダーで警戒

 好漁場を狙う密漁船は確実に存在するが、摘発は年々困難になっている。対馬海上保安部によると、外国漁船の摘発は20~22年はゼロ、23年1隻、24年3隻にとどまる。全国的に見ても傾向は同じ。22年3隻、23年11隻、24年7隻と極めて少ない。「韓国側の取り締まり強化もあるが、レーダーなどの発達の影響も大きい」。海保幹部は説明する。

 船舶の航行の安全を期すため、大型船舶にはAIS(船舶自動識別装置)が設置されている。国際海事機関(IMO)の決議を受け、20年7月に完全義務化された。レーダーで、船名や行き先など大型船が発するAISの情報を入手できる。だが、巡視船は職務性質上、情報を発していない。「レーダーでこちらの無発信の『停波』を見ている」。河野船長は確信していた。

 密漁船は高性能レーダーを搭載する。巡視船のように情報を発していない船影を無数に点滅するレーダーの点の中から見極め、その点の動向を監視しながら違法操業を行う。点が近づいてくると、網を引き揚げ、日本側EEZから即座に退去する。この繰り返しだという。

 あさじはレーダーで捉えた船影に接近する。肉眼で確認できる位置まで近づくと、やはり韓国漁船だった。アナゴやカレイなどが取れる時期、高くアンテナを張り巡らせた漁船は網を入れ、まさに漁の真っ最中だった。

 ◆「存在を誇示する」

 漁船の位置はEEZ数マイル圏内。ただ、ギリギリで日本側には入っておらず、所持していた携帯電話には韓国側基地局に変わったことを知らせるメールが届いた。周囲には、僚船など不審な船影もない。あさじは船首を北に向けた。「こうして巡回し領海警備を行っている海域だと存在を示すことも重要になる」と河野船長。巡視船が領海警備を誇示することが日本の海を守ることにつながる。

 あさじは昨年5月、韓国漁船を摘発した。深夜、レーダーにEEZの境界をまたぎ韓国側から深く日本側に入る不審船があるのを麻生捜査官が発見。不審船に悟られないようにジグザグに航行、時には操業中の漁船を模し停船する。徐々に距離を詰め最後は強行接舷し、韓国漁船を取り押さえた。

 船には船長以下8人が乗船、30~40個のアナゴの籠もあった。ただ、実際の漁をしている現場を取り押さえることはできなかった。立ち入り検査拒否では立件できたが、操業法違反などには問えず、無念の思いだったという。

 無許可操業での摘発は昨年は全国でわずか2隻しかない。

 「豊かな海、国益を守るのが海上保安官の任務。そのためには警戒する相手の裏をかくしかない」と河野船長は言った。国境の海ではしのぎを削る静寂な戦いが繰り返されている。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/642840/

日夜悪質な韓国人の密漁船と対峙する海上保安官の記事が載ってます。
韓国人による密漁により・・・







日本近海に漁具などが不法に投棄され、周辺環境に大きな影響を与えていますね。
ホント密漁船は、ロシア国境警備隊みたいに銃撃しちまえばいいのにね。


ooarai2013-07-51.jpg
JR東日本 鹿島臨海鉄道

テーマ : 竹島問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

応援中
14098387260001.jpg img9716_222takesima-5S.jpg tama201403.jpg 「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」公式サイト
ただいまの時間
さて、今からどうしよう。
プロフィール

yoshirin

Author:yoshirin

最近の記事
最近のコメント
最新トラックバック
カテゴリー
gremz
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。