スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄で反日左翼が行っているテロに立ち向かう、イエローハットの創業者鍵山氏

イエローハットの創業者のこんな事をしているらしいですね。

鍵山秀三郎さん(80)「日本を美しくする会」相談役

 ■「掃除で環境を良くすれば心穏やかに」

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の野嵩(のだけ)ゲート。オスプレイ配備に対する抗議活動でフェンスには赤や黄のテープが×印の形に巻きつけられている。

 9日午前6時、地元と全国から集まった約90人と掃除を始めた。カッターナイフでテープをほどいては剥がす。普天間は6月に続き2度目だが、神奈川県の厚木基地では毎月行っており、手先に狂いはない。

 掃除歴は60年。高校卒業後に就職した会社は社員の態度が荒れていた。「環境が悪いから心がすさむ。掃除で環境を良くすれば心が穏やかになる」。みな嫌がるトイレ掃除を始めた。

 8年後に独立、後に「イエローハット」となる自動車用品会社を創業。「社員の心を育てるために選んだのも掃除」。朝晩の掃除を欠かさず、10年たつと社員も手伝うようになった。賛同者の輪も広がり、平成5年に「日本を美しくする会」の活動を開始。掃除のため全国を飛び回る。

 学校清掃や暴走族の更生にも呼ばれ、公衆トイレの便器に素手を突っ込むと暴走族メンバーも後に続いた。「子供は大人の姿を見て育つ」。豊かさと引き換えに失った公徳心を取り戻すには、掃除ほど適したものはないと確信する。

 米軍への度を超した抗議も公徳心の欠如と映る。フェンスのテープにはガラス片や針金が巻き込まれていることもあり、「平和を訴えるために基地を汚すのは間違い。言っていることとやっていることが一致しない人間はニセモノだ」。

 野嵩ゲート周辺はゴミも皆無の仕上がり。「やってよかった」。参加者に挨拶すると爽やかな笑顔に囲まれた。(半沢尚久)


http://sankei.jp.msn.com/life/news/131010/trd13101009040005-n1.htm

・・・
イエローハットの創業者って凄いな。
確かに、入社の時の研修で指導員の人に、「・・・便器や生ゴミに素手で突っ込めたら変わるよ・・・」って、言われた覚えはあるけどね。
また、トイレがきれいな所はよいって言うからね。
国鉄がJRに分割された時、JR東日本の社長は、『駅のトイレを徹底的に掃除して、きれいにせよ!』って、まず始めに指示したって事いう話だし。

それに近くにイエローハットとオートバックスがあるけど、実際に行ってみると、イエローハットの方が店員の感じはいい感じもするからね。
やっぱり、創業者の精神が受け継がれているのかな?

そんなわけでも無いけど、昨日は、いつも利用しているイエローハットで、タイヤとバッテリーを交換してきました。
車検は、いつも買った場所でやっていたけど、今度からはイエローハットに頼むかな。

テーマ : サヨク・在日・プロ市民
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

応援中
14098387260001.jpg img9716_222takesima-5S.jpg tama201403.jpg 「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」公式サイト
ただいまの時間
さて、今からどうしよう。
プロフィール

yoshirin

Author:yoshirin

最近の記事
最近のコメント
最新トラックバック
カテゴリー
gremz
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。