スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想通りのことをする韓国 #艦これ

予想通りというか・・・

http://yoshirin0907.blog119.fc2.com/blog-entry-3870.html

やっぱり、韓国はやってくれましたね。

韓国「艦これ流行は日本の右傾化」

ゲーム大国日本で最近、あるWebゲームが大ブームだという。艦船を集めるという意味の「艦隊これくしょん」が正式な名前だが、略して「艦これ」と呼ばれるこのゲームは、今年4月末の初登場からわずか半年間で会員数が100万人を越えたという。ごく一部のアイテムを除いて無料なので負担なく利用できる点が作用したとはいえ、モバイルではなくPCゲームなのでこのような会員増加傾向に日本のゲーム業界も驚きの表情だ。

このゲームは利用者が提督になって航空母艦、駆逐艦、巡洋艦など様々な軍艦を少女キャラクターで擬人化した「艦娘」を運用して敵艦隊と戦う方式だ。最初は艦船一隻と軍艦建造用の若干の資材が与えられるだけだが、この資材で少しずつ艦船を建造することもできるし、戦闘に参加して勝てば敵艦を拾って艦隊規模を拡大することができる。

人気PCゲームは多くが戦闘の要素を有しているし、フィクションでも歴史でも既存の戦争ストーリーに基づいたものなども多く、「艦これ」の構成自体が目新しいわけではない。注目されるのは、このゲームが素材として採用した舞台が「アジア太平洋戦争」だという点だ。「艦娘」は旭日旗を象徴旗とする「大日本帝国海軍」の艦艇を擬人化したものだ。艦船の装備も当時の特定の日本艦の武装をモデルにしたものであり、戦闘が展開されると実際の太平洋戦争でその戦艦がどのように戦ってどんな戦果をおさめたのかも簡略に紹介される。

そうしたわけで、日本のネット上ではこのゲームをしながら「当時の日本戦艦の威容がどんなに凄かったのか分かった」とか「ゲームをしてみて日本海軍に関心が出てきたので読む本を推薦してほしい」といった話が次々と出てくる。このゲームを通じて戦争当時に日本が世界で指折りの艦隊を擁していたという事実を知る若者たちが増えるとして、「『艦これ』が(日本の若者たちの)自虐史観を正してくれるのでは」と期待する声もある。

「艦これ」のヒットは、日本のアニメーション監督宮崎駿の最新作「風立ちぬ」が論議を呼んだのと妙にオーバーラップする。日本海軍の要請で三菱が生産した戦闘機ゼロ戦の開発者の一代記を描いたこのアニメーションは、宮崎が戦争美化ではないと繰り返し述べたものの、日本以外の国の人々から見ると愉快ではないものだった。個人の苦悩をクローズアップしたことで、過去の過ちに対する責任意識が薄れてしまったためだ。

なぜこのような事を日本社会でしばしば目撃することになるのだろうか。日本社会が全体的に右傾化しているためだ。長期間の景気低迷、両極化・高齢化などに伴う社会不安、そして政治的には半世紀ぶりの政権交替だった民主党政権に対する失望感などが作用しただろう。そうした社会の雰囲気に火をつけたのは3月11日の大地震という未曾有の災難だ。3・11以後の日本は、危機の前では皆が固く団結せねばならないという集団主義と被害者意識が強くなっていると分析する人もいる。こうした右傾化の最前線には、右派扶桑社教科書などを作る人々のように、日本が戦争を起こした時期まで含めて自負心を失ってはいけないと強弁する勢力が席を占めている。

残念ながら、このような右傾化は海の向こうの他国だけの話ではない。脱出口を探せない青年失業、社会両極化、不十分な福祉サービスなどで社会不安が高まっているという事情は、韓国も同じだ。そのうえ韓半島において北朝鮮という存在は、日本の3・11大地震に負けないほど常に韓国人を被害者にして集団化させる装置だ。自虐史観を云々して大韓民国国民としての自負心を植え付ける教科書を作らねばならぬと主張する勢力が、推定では政権の支援まで受けて蠢動している点もそっくりだ。
それでいて隣国が右傾化していると大声を上げるのは気恥ずかしい。
  ~ 金ボムス/文化部部長待遇

http://now2chblog.blog55.fc2.com/blog-entry-10924.html


おそらく、艦これをやっている人で韓国が嫌いな人の多くは、韓国がこういうと思ったでしょうねw
まあ韓国は、パクるのは得意だけど、こういった物を生み出す力が無いから、ひがんでいるんだろうな。

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

応援中
14098387260001.jpg img9716_222takesima-5S.jpg tama201403.jpg 「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」公式サイト
ただいまの時間
さて、今からどうしよう。
プロフィール

yoshirin

Author:yoshirin

最近の記事
最近のコメント
最新トラックバック
カテゴリー
gremz
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。